メーカー直売のブラックフォーマル(喪服・礼服)、セレモニースーツのB-GALLERY(ビー・ギャラリー)

ミセス世代のブラックフォーマル!!ブラックフォーマルの基礎知識とは?!

ブラックフォーマルは色々なシーンで活躍できる式典用の洋服です。ミセス世代になるとお呼ばれ事も多くなり、ブラックフォーマルも必要になる機会も多いですよね。ここでは、ブラックフォーマルの基礎知識について色々お伝えします。是非、ブラックフォーマルを購入する際の参考にして下さいね。

ブラックフォーマルとは?

ブラックフォーマル

ブラックフォーマルと言うのは、冠婚葬祭などの機会に着用する式服です。公的シーンで着用する衣服で、着用する目的でブラックフォーマルとカラーフォーマルに分かれているのが通常です。主に、ブラックフォーマルは、葬儀・告別式・通夜・四十九日・一周忌・三周忌などの機会に着用します。弔事に着用する洋服なので、セレモニー用に別の洋服があるわけで無く、ブラックフォーマルをセレモニー用として着用するスタイルです。

ブラックフォーマルの歴史

日本のフォーマルウェアには、昔から歴史があります。ブラックフォーマルは、1969年に世の女性が冠婚葬祭の際に全てのシーンで着用できる服として、和服に代わるブラックフォーマルが開発され誕生します。こうして、日本のブラックフォーマルが定着していくのですが、その発展と共にフォーマルメーカーではよりファッショナブルなブラックフォーマルを展開していきます。その事がきっかけとなり、世の多くの女性はブラックフォーマルに機能面だけで無く、オシャレでシルエットが美しいブラックフォーマルを求めるようになり、今では多様化する女性のニーズに応えた、デザイン性のあるブラックフォーマルを提供しています。

ブラックフォーマルの種類とは?

➀ 正喪服

正装服は、ブラックフォーマルの中で最も格式高いタイプになります。公的な葬儀や告別式など、法要のシーンに着用するものになります。喪主、親族、近親者などの方に相応しい装いです。女性であれば、ワンピース、アンサンブルなどのシンプルデザインで膝が隠れているものが最適です。正装服は、肌の露出は控えて体のラインも見えない物を選ぶのがマナーとなっています。正喪服でスーツを着用する方は少ないですが、季節によってはブラウスを着用する場合もあります。その際、正喪服で着用するブラウスですが、なるべく無地でブラックの物にして肌の露出は避け、光沢があるような装飾品はつけないようにします。夏でも長袖である事が望ましいとされており、また、襟元は詰まった形のタイプを選ぶようにするのがマナーです。正喪服は、葬儀や告別式を主催する立場の方が着用する衣類です。なので、遺族族側で無い一般参列者の方と言うのは、基本、正喪服は選びません。このように、正装服の着用は、立場や場面に相応しい装いである事を心がける事が大切です。

② 準喪服

準喪服は、一般的に行われる葬儀・告別式・一周忌など、様々な法事のシーンで活躍する最も基本的な喪服になります。喪主や親族は正喪服の着用ですが、例えば、急な弔問・お通夜・三回忌以降の法事などになると準喪服を着用します。デザインは、ワンピース・アンサンブル・スーツが基本で、派手でなければ部分的な装飾も問題無く、ベロア・サテン・レース素材も適度ならば使用可能です。スカートの丈に関しては膝が隠れる程度、袖丈は肘が隠れる5分袖以上が最適です。正喪服ではスーツはあまり相応しいとは言えませんが、準喪服になるとスーツを選ぶ方もいます。スーツを着用する際には、無地でブラックである事はもちろん、デザインは華美で無い物がマナーです。

③ 略式喪服

略式喪服は、突然のお通夜や弔問と言うように急な悲報を受けた際、整い過ぎている装いは失礼なってしまう為、そんな時に活躍する喪服です。例えば、近親者のみで行われるお別れの会などでも使用可能です。略式喪服に関しては、ブラックに限らず上下セットのダークカラーの衣類でも問題無く、正喪服や準喪服と比べて衣類のマナーに対して制約が少ないので、略式喪服はコーディネート次第では着まわしも可能です。なので、例えば、ストライプや柄物であっても派手なデザインでなければ着用する事もできます。ブラックフォーマルと言うのは、上品素材を使用した衣類になっておち、日常のワンピースやスーツなどとは全く違います。急な悲報があった時の為に、略式喪服も一枚自分用に準備しておくと、突然な事態でもきちんとした装いで出席する事ができ助かります。

ブラックフォーマルは各式によって異なる

ブラックフォーマルを着用するシーンと言うのは意外に多いものです。しかし、そこで大切なのは、どんな式典が行われるのか、自分がどんな立場で式典に参列するか、その事を考慮した装いを選ぶ事が大事なポイントです。ブラックフォーマルには三段階の格式があります。最も改まった装いが正喪服、次に準喪服、最後に略式喪服の順です。基本的に色々な法要のシーンで通用するのが準喪服となっています。

ブラックフォーマル見直し時期とは?

見直し時期のポイント

衣類のサイズが自分に合っているか

例えば、妊娠や出産などライフスタイルの変化で、昔に比べて体形が変わりますよね。そうなると、手持ちのブラックフォーマルが体形に合わなくなった方もいるのではないでしょうか。ブラックフォーマルを自分の体型に合った物を選ぶ事によって、式典のしにも美しく綺麗に着こなす事ができる事はもちろん、大事な式典だからこそ恥ずかしくない装いを心かけましょう。

現在の自分にデザインが合っているか

若い頃に購入したブラックフォーマルをずっと着ていると言う方はいませんか?ブラックフォーマルのデザインと言うのも、やはり年相応に似合うデザインは変わってきます。なので、自身の年齢に合ったデザインに買い替えする事も大事です。デザインやスカート丈などを見直して、今の自分に相応しいデザインであるか客観的に判断しましょう。

ブラックフォーマルを選ぶ際のポイント

品格ある装いである事が第一

例えば、ミセス世代になると女性の魅力がより発揮される頃になります。上質素材なブラックフォーマルを品良く着こなせるのは、年齢を重ねてきた経験豊富なミセス世代だからこそです。なので、ミセス世代が選ぶブラックフォーマルとしては、さり気なく大人の魅力を引き出す、品のあるデザインを選ぶのがおススメです。また、シックで落ち着いた雰囲気を出す為に、スカートの丈は少し長めがおススメで印象が良いです。他にも、きちんとし感を出す為に、ジャケットをテーラードカラーにして顔周りをスッキリさせる事でスマートな印象を与える事ができます。

気になる部分をカバーしたデザイン

ミセス世代になると、体のラインを気にする方もいます。なので、例えば、お腹周り・下半身カバーなど、上手くカバーできるデザインは強い味方ですよね。ワンピースは体型カバーにおススメで、柔らかなワンピース特有のシルエットは、エレガントでありながら女性らしさも引き立つ優れ物です。また、着やすさも大事なポイントです。ブラックフォーマルを選ぶ際には、洋服としての着やすさや着心地の良さも大事なポイントです。その中でも、ワンピースは長時間着用していても苦しく無く、ミセス世代には人気のアイテムです。

年齢に応じたデザイン

ミセス世代がブラックフォーマルを選ぶ際には、自分の年齢、体形、雰囲気と合ったデザインの物を身に付ける事は大切です。年齢を重ねても女性らしさは忘れず、年齢相応のデザインのブラックフォーマルを着用する事は、式典に恥じない装いでもあり大事な事です。